中学生コースの紹介

努力で負けない

勉強でも仕事でも、大切なのは実行力!

いくら素晴らしい考えを持っていてもそれを実行しなければ意味がありません。

努力してみれば必ず結果がついてきます。結果が出れば楽しいものです。

自分に負けない強い心で、第一志望校合格を勝ち取りましょう。

中学生コースの目標 ~ 結果を出せる人間になるために… ~

コース紹介
コース紹介

結果を出せる人間になるために…

どうせ勉強をするなら「今回のテストよく頑張ってね」「おまえ、すごいじゃん」と言われたいですよね。

しかし、多くの中学生は、勉強のコツを知りません。正確に言えば、テストで点数をとるための勉強方法を知らないのです。

ためしにおうちで「どうやって暗記しているの?」と聞いてみてください。きっと、「え、別に、フツーに…」とか「先生に10回ずつ書けって言われているからそうしている」とかいう答えが返ってきます。もしかしたら、「見て覚えているよ、そっちのほうが速いし、テストでも間違えないし…」という素晴らしい答えが返ってくるかもしれませんが、そのように自分なりの覚え方が身についている中学生は5人に1人いるかどうかです。

覚え方1つとってもそうですから、新しいことを学ぶときや、ノートの取り方、復習の仕方、また、受験に向けた長期的な計画など彼らにはできないことが数多く存在します。

最近ではAIによる学習管理をする塾も出てきていますが、自己分析と行動の決定をAIに任せることに危機感を覚えます。それに慣れてしまった人間の行きつく先は言わずもがなです。

私たちの塾では自分と向かい合い、自分の弱点や強みを知り、それを結果につなげるためにどうすべきかを指導していきます。

自分の夢や目標を実現できる生徒を一人でも多く育てたいというのが私たちの思いです。

中学生コースの詳細

新河岸教室<br>坂井先生
新河岸教室
坂井先生

続いてコースの詳細についての説明です。

通塾日、授業時間帯について

  • 学習の習慣をつける週2回コースと、週3回以上通い放題コースを選べます。週3回以上通い放題コースは何回でも、何時間でも通塾していただいて構いません。
  • 1回の授業時間は90分以上です。
  • 通塾曜日は月曜日から土曜日のなかからお好きな曜日、時間帯から選べます。
  • 定期試験前の日曜日は一日中(10時~17時)利用可能です。

授業科目について

  • 週2回までのコース、週3回以上のコースとも5教科を扱います。週2回コースの場合、一部が宿題となります。
  • 週4回目以降はプログラミング学習も無料で取り組めます。

宿題について

  • 英単語と理社の知識の暗記が毎週の宿題です。通塾時にテストします。
  • 英単語は『Web単語カード』を利用します。
  • 定期試験2週間前から『iワーク(育伸社)(全員購入)』を宿題として課します。

英語検定、漢字検定について

北辰テストについて

  • 北辰テストの申し込みは当塾で受け付けています。
  • 教材費の他に、過去問の購入費用、北辰テストの申し込み費用がかかります。

通塾費用について

入塾金 15,000円

教材費 10,000円/年(iワーク、シリウス)

※成績によってはシリウスがシリウス発展編となります。

週3回以上通い放題コース

※毎日のように通っていただいた方が学習効果は高いです。

中学1年生~中学2年生

3月4月5月6月7月※8月※
21,000円 21,000円 21,000円 21,000円 17,500円 44,500円
9月10月11月12月※1月※2月
21,000円 21,000円 21,000円 17,500円 35,500円 21,000円

年間授業料283,000円 

※英検、漢検、北辰テストに係る費用の他、追加教材費はかかりません。

中学3年生

3月4月5月6月7月※8月※
21,000円21,000円 21,000円21,000円 21,000円 53,500円
9月10月11月12月※1月※2月
25,500円 25,500円25,500円21,000円 53,500円 21,000円

年間授業料330,500円

※英検、漢検、北辰テストに係る費用の他、追加教材費はかかりません。県公立高校を受験する方は予想模試を6回実施します。予想模試6回分(5,000円)が別途必要になります。

※7月は7月1日~7月20日までが対象です。
※8月は7月21日~8月31日までが対象です。夏休み中は週3日の授業です。
※12月は12月1日~12月20日までが対象です。
※1月は12月21日~1月31日までが対象です。冬休み中は週3日の授業です。

入塾の基準について

週3回以上、通塾する意志のある中学生

直近の通知表に1や2がないこと 
※特別な事情がある場合には要相談
※過去の通知表に1や2がある場合でも、一番新しい通知表に1や2がなければ良い

補足説明
補足説明

 塾に通うということは、親の助けを借りるということです。学校で頑張って授業を受けていれば通知表で1や2をもらうことはありません。だれかの助けを借りる前に自分で努力すべきことはしてほしいという思いでこの入塾基準を設けています。
 もし、万が一、私のように音痴でどうがんばっても音楽の成績が2しか取れない…というような方がいればご相談ください。

プログラミング講座も受講できます。

タイトルとURLをコピーしました